フォトモザイクの種類


操作方法

Aタイプ: 本来のフォトモザイクアート

均一の矩形(正方形か長方形)で全体を表現するフォトモザイク手法です。近くで見るとサブ画像1枚1枚がはっきりしていて全体像はわかりませんが、離れて見たときに、フォトモザイクアート特有のドット調のメイン画像が浮かび上がってきます。透過型(フェイク手法)ではないため、透かした印象もなく、まるで手作りしたかのような温かい風合いが楽しめる作品です。
A1より大きいサイズのフォトモザイクアートは、本来のフォトモザイク手法を採用しています。

  • ガイドライン|メイン写真
  • ガイドライン|サブ写真(スタンサードプラン)
  • ガイドライン|サブ写真(ハイグレードプラン)

本来型と透過型の違い

本来型と透過型の違い

透過型の適用レベル

先頭に戻る