フォトモザイクの種類


操作方法

Aタイプ: 本来のフォトモザイクアート

写真そのものの絶妙な組み合わせにより原画イメージを表現するフォトモザイク手法です。均一の矩形(正方形か長方形)で全体を表現します。離れて鑑賞すると油絵のような風合いです。近づいて鑑賞したときの1枚1枚の写真の視認性と、離れて鑑賞したときの全体イメージの高い表現精度を見事に兼ね備えた作品になります。滑らかに表現された曲線部分も、近くで見るとジグザクしていて、写真がただ適当に並んでいるだけのように感じることでしょう。色補正を行うこともありますが、手作りしたような温かい風合いと、トリックアート的なフォトモザイクアート本来の醍醐味を存分に堪能できます。

  • ガイドライン|メイン写真
  • ガイドライン|サブ写真(スタンサードプラン)
  • ガイドライン|サブ写真(ハイグレードプラン)

本来型と透過型の違い

本来型と透過型の違い・本来型

本来型と透過型の違い・透過型

完全フェイク作品

先頭に戻る